高齢者の人身事故要因

道路の整備がいかに進んできても、自動車の性能がいかにアップしてきても、交通事故はなかなか無くなりません。
というのは、運転の自動化がいかに進んできたとしても、運転者に最終的な判断がゆだねられているためです。


一方、運転者側が高齢者という人身事故も年々多くなってきています。
では、どうして高齢者が関係する人身事故は起きるのでしょうか。
高齢者の人身事故の大きな要因としては、能力の老化による低下です。


特に思考能力や運動能力などに大きな影響を与え、高齢者になってくると、返答する場合でもたっぷり時間をかけて行う必要があるというようになってしまいます。
自動車運転の場合には、このような能力の低下は非常にマイナスになってしまいます。


高齢者の交通事故としては、テレビのニュースなどでよく目にするブレーキとアクセルの踏み間違いということがあります。
例えば、コンビニなどに停車する場合にアクセルをブレーキと思って力いっぱいに踏み込むため暴走したり、赤信号で前の車両が停まっているため間違ってアクセルを踏み込んだりするというような事故は案外と多いものです。
高齢者の場合には、自分が現在踏み込んでいるのはブレーキなのか、それともアクセルなのかを瞬間的に判断することができなくなってしまう場合が多いようです。
そのため、高齢者の運転による人身事故は今後とも増えてくることが予想されます。


本サイトでは、高齢者の反応の遅れ、高速道路での逆走事故、人身事故の主な要因、についてご紹介します。


▽Special Link
人身事故などの重い交通事故の被害者の支援サイトです ⇒ 交通事故

Copyright © 2014 高齢者の人身事故の要因 All Rights Reserved.